headerimg02

ホーム > 教育理念・沿革 > 教育方針

寄付金のご案内

理事長・校長のあいさつ ≫教育方針 ≫学院の特色 ≫学院のあゆみ ≫学校評価

教育方針

建学の精神

「神と人とを愛する人間 神と人とに愛される人間」
このことは聖書の次の言葉が基にあります。
「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」
「隣人を自分のように愛しなさい」

マタイによる福音書22章37節、39節

教育方針

月別目標

建学の精神や教育目標は、単なる題目では意味がありません。それを実行する具体的指針が必要です。
「月別目標」がそれです。学習、生活、学院の全ての活動についての目標です。
”月別“とは強調月間を意味しています。一年間を通して目標達成のために取り組みます。

4月希望 コリントの信徒への手紙(一) 9:24
競技場で走る者は皆走るけれども、賞を受けるのは一人だけです。
あなたがたも賞を得るように走りなさい。
5月鍛錬 ヘブライ人への手紙 12:11
およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われ
るのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた
実を結ばせるのです。
6月連帯 ヨハネによる福音書 15:5
わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながってお
り、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。
7月計画 ローマの信徒への手紙 8:28
神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益と
なるように共に働くということを、わたしたちは知っています。
8月探求 ルカによる福音書 11:10
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
9月協力 ローマの信徒への手紙 12:15~16
喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。互いに思いを一つにしなさい。
10月奉仕 マタイによる福音書 20:26~27
あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上に
なりたい者は、皆の僕になりなさい。
11月感謝 テサロニケの信徒への手紙(一) 5:16~18
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。
12月謙遜 ヨハネによる福音書 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者
が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
1月挑戦 エフェソの信徒への手紙 4:24
神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません。。
2月友愛 ヨハネによる福音書 15:12~13
わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。
3月反省 ガラテアの信徒への手紙 6:4~5
各自で、自分の行いを吟味してみなさい。そうすれば自分に対してだけは誇れ
るとしても、他人に対しては誇ることができないでしょう。めいめいが、自分
の重荷を担うべきです。

ページトップへ